風の盆

諸行無常の美しさ


朝のうちは純白の花


昼間は淡い紅色、夕方にかけて濃い紅色

酔芙蓉の花

小説 高橋治氏の「風の盆恋歌」を思い出します。